タグ:上京区 ( 1 ) タグの人気記事

京都市内 街の近くの愛宕灯籠

京都市内に集中して見つかっている愛宕灯籠ですが、市内中心部には全く見つかっておらず、かなり大きな一帯が愛宕空白地帯となっています。
長らくその空白地帯の最西端となっているのが妙心寺道の中京区061_でした。
が、その妙心寺道のほぼ延長上で、やや東側に踏み込んでいるのが上京区の306_です。
玉房稲荷大明神という稲荷神社の中にその細い身をすっと隠すように佇んでいます。
お稲荷さんに愛宕灯籠は珍しい気がしますが、この玉房稲荷というところは五ノ社天満宮という天神さんの跡地だそうで、なるほど天神さん周りには間々見かけるような気がします。

c0072352_22314225.jpg
306_上京区近衛町


もう一つは西院駅のすぐ近く。
気持ち的にはこちらの方がなお町に近い気がします。
その名も西院坤町(さいいん ひつじさるちょう)。
ここは「街」という意識の元に踏み込むと天地がひっくり返るといっては大げさかもしれませんが、ちょっとした郊外よりも断然はるかに濃密な旧態感に覆い尽くされていて、思わずおののくほどでした。
そして、小さな通りの小さな角に鉄柵で保護され端然とたたずむ祠が一つ。
144_は左に大日如来、右に愛宕大権現の石灯籠を従えているのでした。

c0072352_22315781.jpg
144_右京区西院坤町


同じ町内にはまた別の祠があり、住吉大神宮と書かれた石灯籠が備わっていました。
もはやしびれるくらいに濃い。そんな坤町内。


c0072352_22350407.jpg
おまけ





[PR]
by fdvegi | 2018-02-14 00:30 | 京都在住 | Comments(0)