玄琢の愛宕灯籠

西賀茂鷹峯の間の微妙な坂道エリアが玄琢(げんたく)です。
西賀茂にも鷹峯(京都市内北寄り)にも区分しがたい感じ。

そんなところにも愛宕色濃厚な石灯籠が発見されました。
もちろんこれもお地蔵ハンターさんによるものです。
いやはや、すごいですね。ありがたし。

c0072352_23024403.jpg
627_北区大宮玄琢北町


これが愛宕灯籠である明確な論拠はないのですが、この玄琢という地名にヒントというか、因縁があります。
これ、元々は人名なのです。野間玄琢さん。

玄琢さんが徳川幕府からこの土地をもらい受けて住んだので、地名が玄琢となったわけです。
もらい受けたのは1615年とされています。

その頃、江戸幕府の将軍職は2代目の秀忠でしたが、秀忠が自らのリーダーシップを発揮したのは家康が死んでからとされています。
で、家康が死んだのは1616年ですから、玄琢にこの地を与えたのは秀忠かもしれないし家康かもしれないということですね。

ここでウィキペディアさん。

野間玄琢(のま げんたく1590~1645)は、天正18年に山城で生まれ、名は成岑、通称を玄琢といい、白雲老人・寿昌院と号した。
曲直瀬玄朔に李朱医学を学び、慶長10年(1605)医学典籍の代講をした。
寛永3年(1626)徳川秀忠の侍医となって江戸に赴き、隔年に江戸に伺候。
同13年(1636)、東福門院の病気治療に功あり、のち後宮に仕えた。

気が付いたでしょうか、「白雲老人」という号に。
そして覚えておいででしょうか、愛宕神社はもともと白雲寺だったことを。
つまり、この号は、私は愛宕の人である、言っているようなものなのです(たぶん)。

愛宕の人で、かつ、家康からもらったその土地とあっては、もう言い逃れできないですよね。
これは愛宕灯籠でしょう。
御土居からもいい感じで外側ですしね。

それにしても、仏教や神道的に「白雲」とか「雲」ってどういう意味合いがあるのでしょうね。
結構たくさんあるのです、「雲」系の寺社仏閣名。
そのたびに幻惑されています。

さて、玄琢さんの師匠は曲直瀬玄朔(まなせ・げんさく)という人で、その人の師匠は医聖と呼ばれる曲直瀬道三(まなせ・どうざん)という人です。つまり、玄琢さんは曲直瀬道三の孫弟子です。

神君伊賀越えと愛宕灯籠に書いた、甲賀市磯尾の明王寺にどういうわけか徳川三代の位牌があるという話や、この曲直瀬道三さんの出自や、道三さんと玄琢さんの師弟関係や、そもそも磯尾という場所には山伏(修験者)いたとか、そういう色んな情報が混然一体となって思わせぶりな感じになってくるのですが、どうにもこうにもまとめきれませんので、それはまた別の話。




[PR]
by fdvegi | 2018-10-16 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
西加茂かな愛宕灯籠、追加 >>