和束町の愛宕灯籠

茶の里和束町です。
和束町自体がHPを作って公開してくれています。
ここ行くの?という細道をぐいぐい進んで行ったら本当にあった、という感じで、HP情報なしにはまぁ見つからなかったろうなと思われます。
同様の集落がきっと他にもあるんだろうなと思うと、じゃっかん途方にくれますね。

それにしても、どうしてこんな茶畑の奥にまで愛宕灯籠があるのか。謎すぎます。
が、ウィキペディアで宇治茶を調べると意外な記述が出てきます。

宇治茶発祥の地
鎌倉時代初めの1207年、宇治の里人たちが茶の種を植える方法に苦慮していた際、たまたま通りかかった、当時では茶文化の主流とされていた栂ノ尾高山寺(栂ノ尾産の茶葉は本茶、それ以外は非茶とされていた。)の明恵上人が畑に馬を乗り入れ、できた蹄址に茶の種を蒔くように教えたとされる。「栂山の尾上の茶の木分け植えて、迹ぞ生ふべし駒の足影」は明恵上人の短歌。この明恵伝説を記念した石碑、駒蹄影園址碑(こまのあしかげえんあとひ)は萬福寺門前に大正15年(1926)に宇治郡茶業組合により建立されたものである。

なるほど、今や宇治茶の名前が歴史的なものとして知れ渡っていますが、もう一つ奥を掘り起こせば、その大本の起源は栂ノ尾(とがのお)ということのようです。
栂ノ尾というのは右京区の山深いあたりのことで、これもウィキペディアによれば、古くからの霊場であり、また畿内における茶栽培発祥の地なのだそうです。
そして、高雄山を挟んですぐ隣に愛宕山。
今でもトレイルランニングで行けてしまう距離感のよう。

というわけで、和束町には茶を介して愛宕の系譜がある、ということです。
伝説では馬上から一回教えてそれっきりとなっていますが、実際には、ある程度腰を据えて茶づくり指南したことでしょう。
そして実際に指導にあたったのが、上人配下というか右京の修行者たちで、灯籠自体はもっともっと後になって建てられたとは思いますが、つまりは愛宕に関連する修験者たちがそこに根を下ろしたのだと思われます。


c0072352_20062361.jpg
431_和束町石寺

c0072352_20062398.jpg
432_和束町石寺

c0072352_20062431.jpg
433_和束町石寺

c0072352_20062401.jpg
434_和束町石寺

c0072352_20062470.jpg
435_和束町石寺

c0072352_20062360.jpg
436_和束町下島

c0072352_20072081.jpg
474_和束町白栖

c0072352_20072190.jpg
476_和束町撰原

c0072352_20072121.jpg
478_和束町別所



篤い信仰として息づくのか、それとも何らかの習慣として何気なく残るのか、その辺はよくわかりませんが、ひとたび土地に落ちついた「愛宕」は、馬の蹄が地面を穿つように、石に文字で刻み込まれることをもって、地中に打ち込む杭のように、しっかと根を下ろすのでしょう。
ぼく それ 見つける人。

星野リゾートが進出するそうですので、オリンピックの頃にはすっかり様変わりしているかもしれません。




[PR]
by fdvegi | 2018-06-19 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< 岩倉の西側の愛宕灯籠、また追加 滋賀で愛宕灯籠を追いかけ回す >>