高槻市樫田地区の愛宕灯籠

基本的に高槻駅前くらいしか知らない高槻経験者にとっては原という地域ですらその存在が驚愕でしたが、さらにその奥地がありました。
田能(たのう)・中畑・二料(にりょう)・出灰(いずりは)・杉生(すぎお)の5つの集落で構成される樫田(かしだ)地区です。

昔は亀岡だったようです。さもありなんと思う一方で、亀岡と言われても亀岡でもないような、もうどこでもなく樫田でしかない、そういう場所なのでしょう。


原(高槻)から行く場合、左右を採石場に囲まれて白んだ悲壮感の溢れるグネグネ道を蛇行に蛇行を重ねて行くことになるので、本当にもう、この世の果てに入っていくような不穏な胸騒ぎすら起こります(←初めてだったし)。

その割に、たどり着いた田能の集落は、高槻市のHPが言うような「今もなお清らかな水と空気の中で美味しい野菜や米、椎茸などが栽培され、四季の彩が美しいところ」を思わせる、穏やかな場所でした。
正直、不思議に魅力的です。住んでるわけじゃないし。

亀岡からのルートは過日の台風の影響で通行止めらしく、冬を越えて春になったら、いずれ一度挑戦してみたいです。

5つのうち、杉生を除く4集落を調べてきました。杉生は時間が足りなかった。無念。
で、2基発見。すごい発見、我ながら。田能と二料です。

c0072352_23481945.jpg
336_高槻市田能

c0072352_23481958.jpg
337_高槻市二料



中畑は妙音寺という寺の境内にそれっぽいのがあったのですが「愛宕」の文字はなく、話を聞こうにも人もいませんでした。
出灰にいたっては、これは一体全体集落と呼べるものなのかすら覚束ないまま、運転に気を取られている内に抜けてしまった感があります(驚いたことに、クロネコの普通のトラックが走ってました。プロです)。

あと、確証のないのが一つと、いかにも番犬らしい番犬に吠えたてられて近づけなかったのが一つ。
春になったらまた行きたい。晩秋の夢のようなひと時でした。

なお、中畑のさらに東側はいきなり京都市西京区で、その先は小塩山や金蔵寺を越えて向日市につながっているようです。
灯籠が中畑や出灰という比較的東側にはなく、西側の田能と二料にあることを考えると、樫田地区の愛宕灯籠たちは、この地点からさらに東方へ広がることはなかったのだと思われます。

さらに、昔は地区自体が亀岡領内だったことを踏まえると、亀岡発の大阪・高槻行きの途上でもないのかもしれず、というか、いったんそう考えるとむしろその方が自然に思えてきます(亀岡の南の果て)。

いやしかし、そうなると原に愛宕分社があるのが謎ですね。んー。どうなんでしょう。
昔は今の車道よりも合理的な山道(人道)があったのだろうか。ロマンです。

いずれにしても、杉生は調べないわけにいきません。うん。




[PR]
by fdvegi | 2017-12-23 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< 京都市内南寄りの愛宕灯籠 高槻の愛宕灯籠、追加 >>