タグ:高槻市 ( 1 ) タグの人気記事

高槻市・島本町の愛宕灯籠

京都を脱して大阪へやってきました。高槻市です。
大阪にまであるのか!という驚きが走る一方で、すぐ隣は京都だし、山の向こうは亀岡ですので、言われてみればさもありなん、なのかもしれません。

c0072352_02215235.png

面白いのは島本町で、島本町自体のことはよくわからないのですが、その愛宕灯籠の位置です。
淀川の堤防のすぐ下にあります。

高槻や島本や山崎で「歴史」というキーワードを使えば、間髪入れずに「西国街道(山崎街道)」が返ってくるのが相場です。
しかし、意外や、近辺の西国街道上には愛宕灯籠は見つかっていません。

一方で、淀川沿いにはある。しかも「高浜砲台跡」といって、江戸時代の末期に、徳川幕府が大坂湾から京都に侵入する外国船に備えて淀川の左岸と右岸に砲台を設けたとされる、ごく近くの場所にある。

砲台と灯籠には直接の関係はないでしょうけど、とにかく江戸の歴史色濃い場所が島本町にあり、その島本町に愛宕灯籠が見つかったわけです。
このことは一つの重要な気付きをもたらしてくれました。歴史は道だけじゃない、川もだ。

思い返してみれば、大河ドラマでも坂本龍馬はよく船で京都伏見から大阪難波へ行っていました(帰路はどうしたんでしょう。下流から上流への船便もあったんでしょうか)。いわば川の西国街道あったのです。

ちなみに、奈良平城京の都も、その材木は琵琶湖岸の森林で切られて、木津川と大和川を通って奈良に運ばれました。奈良の近くの山から陸上を運ぶより楽だったからです。
水を侮ってはいけません。

そういうわけで、地図の右端、島本町の灯籠は京都都市部からの流れだろうと思っています。
一方、高槻の灯籠たちはというと、これも左寄りと真ん中とで別の流れを汲んでいるんじゃないかと想像しています。

地図の真ん中に並んでいるのは、上2つが成合というところと下2つが安満というところで、成合は長岡京市の山の上にある柳谷観音という神仏習合のお寺への巡礼途上です。この柳谷観音は昔大人気だったようで、今も、明治大正期の講の看板が無数に掲げられています。
もちろん柳谷観音は柳谷観音であって愛宕神社ではないですが、高槻から見れば北の山の上の寺社仏閣ということで、もう一つ先にある愛宕神社に見立てていたんではないか、つまり、気持ち的に愛宕神社の目の前の遥拝所として機能していたのではないかというのが、現代の邪推です。

安満に至っては、愛宕神社と称する小さな祠すらあります。
つまり、はるか遠いの山の上に愛宕神社があってそれはさすがに遠い。
では、ということで手が届くレベルの山の上に仮想の愛宕を設置。
さらに、日々の生活圏には我らの愛宕を設置。
そういう発想。

で、地図の左側は浦堂というところですが、地図を見るとわかるように、成合から北に続く道(真ん中)と、浦堂から北への道(左側)とは、まったく別ものなのです。地図の欄外で合流もしていません。
成合の道は柳谷観音を経て長岡京市へ行き、浦堂の道はかなり突き進んだ末に亀岡にたどり着きます。

(ちなみに、島本町から北へ続いて見切れている道(右側)も、浄土谷というところを経て、成合からの道に合流して長岡京市にたどり着きます。浄土谷にも一つ愛宕灯籠はあるので、そういう意味で、島本町の灯籠は京都市街から川経由ではなく、長岡・浄土谷の流れを汲んでいる可能性もあります。もう何でもありみたいな感じですが)

つまり、浦堂にある灯籠は、市内に203基を誇る亀岡の直系ということになるのではないかと。


c0072352_15193262.jpg
245_三島郡島本町高浜

c0072352_15193286.jpg
248_高槻市成合東の町

c0072352_15193356.jpg
249_高槻市成合中の町

c0072352_15193299.jpg
246_高槻市安満北の町

c0072352_15193223.jpg
247_高槻市安満中の町

c0072352_15193152.jpg
253_高槻市浦堂本町

c0072352_15193430.jpg
252_高槻市真上町

c0072352_15193376.jpg
251_高槻市殿町

c0072352_15193345.jpg
250_高槻市大手町


251_は、西国街道の芥川宿の出入り口です。なので、亀岡直径とはまた別の流れを汲んでいると思われます。

250_は、キリシタン大名高山右近が有名な高槻城のものすごい城下です。大手町というくらいだし。

色んな流派が流れ込んで混然一体の愛宕灯籠絵巻を成す町、高槻。
侮れない。ものすごい面白い。




[PR]
by fdvegi | 2017-10-15 00:30 | 京都在住 | Comments(3)