タグ:一乗寺 ( 1 ) タグの人気記事

一乗寺の愛宕灯籠

一乗寺は山ふところという言葉そのままのような場所です。
毎週のランニングコースですが、灯籠探しを始めたことで、いかに古い町並みの残る場所かということがわかりました。石垣、白壁、黒い塀。あまりも普通すぎて気が付きませんでした。貴重なんですね。静かでいいところです。

灯籠もまだまだ眠っていそうだし、どんどん見つけ出したいところなのですが、いざ走りだすと脇目を振る余裕がありません。なかなかの葛藤です。
ちなみに、修学院エリアと隣り合ってはいますが、このエリアの灯籠には必ずお札を納める箱がセットされています。音羽川という環境的な分岐線に加えて、このお札箱の有無を、エリアを分ける目印にしています。

この「お札を納める箱」について、佛教大学の教授で「京都愛宕研究会」の会長の八木透という人が解説をしています。
近世以降、村々では愛宕講を組織して愛宕へ代参月参りを行ないました。代参者は祈祷済みの護符と樒を受けて帰村すると、まず村の氏神境内の愛宕社や愛宕灯籠などへ護符を納め、村全戸へ護符と樒を配ります。愛宕の護符は、家々では竈神である三宝荒神や台所の柱や壁に貼り、樒は竈の上などに置いて火難除けを願いました。
とのこと。要するに、
・愛宕山へのお参りは個人で行くのではなくコミュニティを代表して行く
・お参りに行ったら、行った人は一枚だけではなく大量のお札をもらって帰る
・コミュニティに戻ると、まず灯籠の箱にお札を納め、そして村中の人々にお札を配る
という事で、この箱の有無とコミュニティのあり方には連関があると思っていいのでしょう。

c0072352_20430459.jpg
004_左京区一乗寺門口町

c0072352_20430302.jpg
003_左京区一乗寺稲荷町

c0072352_20430574.jpg
100_左京区一乗寺稲荷町

c0072352_20570624.jpg
041_左京区一乗寺葉山町

c0072352_20430592.jpg
101_左京区一乗寺葉山町

101_は灯籠なきお札箱です。
全景を撮れていませんが、ここは石段の上で石段には階段も備えられています。つまり、人の出入り・立ち入りが想定されているわけで、元々は灯籠もあったのではなかろうかと推測しています。他の灯籠とお札箱のセットと同じように、左にお札箱、右に灯籠という風に。
であれば、今は葉山馬頭観音の石柱になっているその場所に、元は灯籠があったのでは、と思いは巡ります。(何の関係もない木箱だという恐れもあります)

それと、004_も100_も041_も「愛宕」の文字を確認することはできません。ただ、状況的に(?)愛宕灯籠と思わずにおれません。
そういうわけで、「愛宕」があってはじめて愛宕灯籠、とする説もある中で、ぼくとしては、それにこだわりすぎるのはどうかと思っています。長らく実用に供している内に建て替えが必要になって、その時に何らかの理由で「愛宕」」を彫らなかっただけではないのかな、と。節約かな。
・長らく実際に使っていたからいたみが激しいし、
・実際に使うからこそ僅かないたみでも安全重視で建て替えに至った
ということではないでしょうか。


c0072352_23430210.png



[PR]
by fdvegi | 2017-08-13 00:30 | 京都在住 | Comments(0)