<   2012年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ものすごいスピードで

立派な、たぶん誇るべきポジションに配属されて早1か月が過ぎた。
ほとんど何も仕事をしていない。
季節労働的な性格がある以上やむを得ないのかもしれないけど、まったく腑に落ちない。
自分のペースがつかめてません、なんて穏当で謙虚な表現をしてきたけれど、真実、腑に落ちていないのだ、いろんなことが。
わけがわからいない。

まぁ仕事の話はおくとして、これまでに式布団2つ、掛布団1つ、ホットカーペットのラグ、カーテン2つ、実印、こたつ、こたつ布団、テレビ台、靴箱、壁一面の棚、風呂の蓋、ガスファンヒーター、携帯電話、電灯1つを購入。
住民登録と実印登録をし、電気、水道、ガス、電話、インターネット、NHKの自動引き落としの手続きをした。
調味料やら掃除道具やら洗剤やら何やら、細々としたもの無間地獄的に調達している。
段ボールとプラスチック容器がただただ無防備に増えていく。
了えるべき手続きがまだ一通り済んでおらず、部屋は備わっていてしかるべき機能がいまだにまとも機能しない。
貯金を引き出す、それもやたらと頻繁に、という以外の行為が自分の経済や財産というものに対して何もできていない。
いただく給料は手続き上の関係で、なみのアルバイトよりも少ない。
あともう一月か二月、年内は確実に少ない。少ないというより家賃にしかならない。

暮らすというのはこんなにもモノゴトを一から整えたり、モノを買い揃えていかなくてはできないことなんだろうか。
無駄と無意味と、徒労と疲労ばかりが蓄積している。
そんな気持ちでいっぱいになる。

すこし落ちついてきた昨日と今日わかったことは、
・死ぬほど愛しみ大切にしていたミャンマー布がなくなっている
・しかもその布の存在すら妻とは共有できていないことが判明した
・世界民族衣装展やアイヌ民芸品展、それに日本の土偶展といった、魂を揺さぶられた展覧会のプログラムブックたちが軒並みなくなっている
・誰もその経緯を知らない。自分さえ知らない。

大切なものはなにも残っていない。
ただただ失われ続けている。お肌の潤いみたいに。

こんなのってあるだろうか。
ここは俺のホームじゃないのか。
[PR]
by fdvegi | 2012-11-04 00:30 | 京都在住 | Comments(0)