<   2008年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

6月に読んでみた

愛と欲望のコスメ戦争
官僚とメディア
しのびよるネオ階級社会
住宅喪失
千年、働いてきました
天皇家はこうして続いてきた
くるねこ
人民元・ドル・円

最初の4冊は面白かったんですが、「天皇家~」と「人民元~」がひどかった。
いや、専門的な評価は知りませんよ。とにかく読み進まない。
眠いか疲れている時に読むのが特徴の通勤読書ですから、
面白くないとページを繰る気も萎え萎えになって、
退屈地獄がズルズルと長引くという、悪循環に陥りますね。

それで新書はますます読みやすい感じになっていってるんでしょう。
わからんでもない。
「愛と~」は、そんな、別に気合いの入った考察は要らんので、
よく知らん業界をリポートしてよ、系の代表格みたいな感じです。

官僚・階級・住宅の3連投が、楽しくないながらも面白かったです。
世の中、物事を決めている人たちは、自分の優位性と絶対的な安全性を確信して、
第三者とか他人とか、そういったものへの逡巡や疑問がなく、
そこで決められた物事を遂行している人たちは、自分たちはけっこう低いクラスだが、
それだけに自分たちにとって脅威にならない事柄ならば大多数にとっても脅威にならない、
と思いこんでやっているんだろな。

なんか、そんな気がする。

今回読んだどの本にも即効的な苦境の乗り越え方は書いていなくて、
そんな提案も見当たらない感じで、
閉塞感のある世界というのは、ひょっとしてこういうことを言うんじゃないかしら。

今朝テレビでやっていた、ブラーザー・トムの母親の言葉が強い印象を残した。
優しいだけでいい。
[PR]
by fdvegi | 2008-06-28 00:30 | 本を読んでみた | Comments(0)

ぼくの生きる道

腰が痛い。
深酒は腰に来る、と聞いたことはあったけど、
これがそういうことなのか。
台所の高さを5センチ上げる工事は、やはり正解だな。

深夜、木屋町通りの植え込みで目が覚めた。
ジャケット、財布、定期、家のカギ紛失。
まぁ、ぼくほどのベテランともなれば、
それでも何とかして帰ってこれるわけだ。

その夜は幸運にも何故かお尻のポケットに現金を入れていたのだけど、
深夜にタクシーで乗り付けたところ、
カギと一緒にさささっとお金を持たしてくれた彼女が立派な人に思えた。

9時過ぎにようやく目覚めたところへタイミングよく電話をくれ、
しどろもどろ朦朧と喋る様子から察して、
体調を崩して休む、と判断し、はい、と答えるのを促して、
上司にはうまく報告してくれた派遣さんも立派な人だ。

翌朝になってカードをあれこれ止め終えたところで
五条警察から連絡があり、すべて無事に戻ってきた。
無人の四条の交番に誰かが置いて行ってくれたそうな。
京都はやはりいいところだ。

馬鹿はぼくだけです。すいません。
[PR]
by fdvegi | 2008-06-27 00:30 | 京都在住 | Comments(0)

堰を切る

今日はジムが芋を洗うレベルの混みようでした。
一番奥のくぼんだ所は風が届かずサウナ。
あれは何とかしていただきたい。

で、ついに赤色V2ができました。
宿願だった課題を含めて6個。
3日休んだら結構パワーがありました。

いやはや嬉しい嬉しい。
[PR]
by fdvegi | 2008-06-22 00:30 | 這い上がる | Comments(2)

赤壁の戦い

予定外の課題は一つできたんですが、
狙っているいくつかの課題は同じところで落ち続けました。
これで3回連続返り討ちにあっています。
まったく嫌になりますね。けっこう足首にもこたえるし。
とはいえ、アメリカでもV2の壁を越えるには随分とかかったんで、
まぁ、こんなもんなんでしょう。

色々欠けてるものはありますが、
明らかに明らかなのは左の握力、指力ですね。
とにかくつかむ・つまむ・維持する力がないので、
すぐに腕を巻き添えにするし、左に任せておいて行く、
ということができません。
これがやっかい。

しばらくは詰めて通って、いつの間にかできるようになった、
という展開に期待しましょう。
死ぬ気で頑張るのとかいやよ。

あー。
回数券が尽きたんだ、また買わなきゃ。
高いんだよなぁ。
思えばこれが3ヶ月もってしまったわけだから、
4月5月、いかに嫌気がさしていたかがよくわかります。
[PR]
by fdvegi | 2008-06-18 00:30 | 這い上がる | Comments(0)

御池ラーメン 続々報

残念ながら角煮ラーメンはイマイチでしたよ。
味が濃すぎる。
しかもはっきりしません。
なんか、麺もほぐれてない感じだった。

休日の昼間は混んでました。
平日の夜は空き空きなので、こちらがお勧めです。
野菜ラーメンとチャーシューメンね。
[PR]
by fdvegi | 2008-06-14 00:30 | 京都在住 | Comments(0)

眠れる森の美女

アメリカで見て以来、ぼくはすっかりバレエが好きなのです。
そこで、法村友井バレエ団の眠れる森の美女を見に行って来ました。
大阪フェスティバルホール。

6時半から10時までやってました。全4幕。長い長い。
でも大満足です。

1.堤本麻起子というダンサーが素敵。
この人にすっかりはまってしまいました。優雅であることこの上ない。
優雅というのが、優しいとか、たおやかとか、そういうこととは違う、ということをこの人の踊りは体現しているかのようです。
それが第一幕、善玉の妖精役のこの人が、悪玉の妖精を突っぱねるシーンです。
悪玉妖精がお姫様にしつこくまとわりつこうとするのを、この善玉妖精がいつの間に二人の間に入っていって、腕を大きく振って払いのけるようにするのですが、その様の何と神々しいこと!
ギリギリまで細くて白い体が首から脚の先まで一直線に直立し、振り払われる腕は早すぎず遅すぎず、そして強すぎずむしろ柔らに弧を描く。
毅然と優雅が並立する瞬間。

2.堤本麻起子というダンサーが素敵 その2
悪玉妖精と王子様が決闘するシーン。
決め手の一撃はどうも王子様が眠っているお姫様にキスをすることだったようなのですが、これを教えるのが、善玉妖精なのです。
今まさに飛びかからんとする王子様の前に立ちはだかり、半身で背中の悪玉妖精を制しながら、彼女は上半身そっと、そしてすっと折るのでした。
聞こえた!
「くちづけなさい」という、彼女の教え諭すかのような優雅な声が、今確かに聞こえた!

3.音
バレエというのは生音です。生オーケストラ。フルオーケストラかどうか知らんけど。
そして、ダンサーたちは決して言葉を発しません。踊りだけですべてを表現します。
演奏がない時、トン、タン、という足音が聞こえます。
それは常にさり気ない動きの時だけ聞こえてきて、大きなジャンプの着地の時ほど、むしろ水を打ったような静けさをたたえておるのです。
この意識の凝縮!
それを体現する筋力!

圧巻です。圧倒されます。バレエをなめてはいけません。
早く次に行きたい。


以下、素人による素人のためのストーリー解説。
お姫様の命名式→妖精が6人で踊り狂う→悪霊が「こいつは16歳で針刺さって死ぬ」と予言する→お姫様が16歳になる→4人の王子に求婚される→年寄りが来て花束をあげる→針が入ってる→お姫様、針を持って踊る→刺さる→死にかける→妖精の親分格が城全体を眠らせる→100年後、王子様が狩りをしている→妖精がお姫さまの幻影を見せる→王子様、恋をする→悪霊と戦う→勝つ→お姫様、目が覚める→王子様とお姫様が結婚→おとぎ話の登場人物オールスターズで踊り狂う→終わり。
[PR]
by fdvegi | 2008-06-14 00:30 | Comments(0)

シンクロする日々

いい具合に回っている。

早起き、平日ノン・アルコール、おにぎり中心の食事、休日クライミング、通勤読書。
たぶんこの5つだと思う。


c0072352_2094851.jpg
←夏を演じる。
[PR]
by fdvegi | 2008-06-13 00:30 | 京都在住 | Comments(0)

新居再決定

一時は吉田山へ引っ込む腹づもりでおりましたが、
俗人ゆえに俗世を離れがたく、
結局、烏丸へ出張ることになりました。

最寄りの商店は錦市場です。

引き続き、お暇な方はお立ち寄りください。
[PR]
by fdvegi | 2008-06-13 00:30 | 京都在住 | Comments(0)

御池ラーメン 続報

みなさん、
御池ラーメンさまた のうまさは、どうも本物です。
今日はチャーシューメンを食べましたが、
昨日とは別のうまいものが出てきました。

こんな気分のいい匂いのチャーシューメンがあったろうか。
[PR]
by fdvegi | 2008-06-13 00:30 | 京都在住 | Comments(0)

黄色を制す

この夏の流行色ってわけではありません。
今話題の新スポーツ京クラです。

十字3つと四角1つがとんとんとんと出来てしまい、
やっとこV1が全部終わりました。
ふー。

4トライで4つ落としたわけで、調子がよかったんでしょうね。
でも、ほんとに、ぼくの場合は最初の3~5回くらいまでしか
まともにできないのです。
後はもうヘロヘロ。
普通につかめるはずのホールドもつかめず、30分休んでも特に効果がなく、
この持久力のなさを何とかせんことには何ともならんですね。

どうにかこうにか赤のオタマジャクシを一つやって帰って来ました。
今週末と今度の水曜日に行くことが目標です。
最近、筋肉痛が一日遅れで来るんだよなー。
[PR]
by fdvegi | 2008-06-12 00:30 | 這い上がる | Comments(2)