<   2005年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

切り分ける

リリー・フランキーの「東京タワー」を読んだけど、これはやばいです。
泣く泣く。まじで泣きます。
まさしくハンカチ一枚、ティッシュ一箱じゃ足りねぇぜ、の世界。

昨日、3時くらいまで読んでて読み終えて、そのまま寝てたんだけど、
それってつまり、いいおっさんが泣き寝入り状態というわけで、いやほんと。
ありえねー。
[PR]
by fdvegi | 2005-08-30 00:30 | 本を読んでみた | Comments(0)

死ねばいいのに

目が覚めた。

どこだここ。

階段。

とりあえず降りた。
河原町通りだった。

は?

朝だ。

タクシー。

ミャンマーサンダルが片方ない。
悲しかった。

重い。
とにかく重い。
胃が重い。
頭が重い。
まぶたが重い。
重い。
それで何となくわかってきた。

友人と会った後、昨夜は久しぶりにいつもの店に行った。
日本酒を飲んだ。
立山の雨晴と芋焼酎の晴耕雨読を間違えた。
のっけからやばかった。

仲良くしてくれる元ジャーナリストのMさんがいて、
彼女の連れの、誰でも知ってるコーヒー会社の社長がいて、
王手広告代理店のプロジェクトマネージャーたちがいて、
ぼくはSOUSOUの帽子と、首にたらっと巻いた永楽屋の手拭と、
絞りを入れたみたいなしわしわのシャツがとてもうけた。

あれやこれやわいわいとやり、
いつの間にかもはや記憶は断片。

社長が顔を利かせてどこか別の店に滑り込んだ。
Mさんと三人で、Mさんが、
ここはあなたの為に社長が何とかかんとか言っていた。
その時はけっこう本気で身が引き締まった気がした。

目が覚めた。
河原町通り、サンホテルの階段。
何かをごそりとなくして目が覚めた。
[PR]
by fdvegi | 2005-08-29 00:30 | 京都在住 | Comments(0)

あちこちとまぁ

銀河高原ビールがニュースになってると思ったら
また経営がやばいとか、そういう話だった。
そういうことでしか話題にならないのがすごい。

あそこの白ビールはとてもいい香りで好きなので、
誰が経営するにせよ商品はなくならないで欲しい。

ちょっと前、JR京都駅前にあるプラッツ京都がニュースになってると思ったら
やっぱりついに身売りする、ということだった。
何だったか大きな電気屋になるらしい。

大学生の頃はまだ近鉄百貨店で、
そこに入っていたメンズメルローズが好きだった。
店員さんがいくらでも相手をしてくれたし、
メルローズ、という響きもエレガントでよかった。

プラッツになってからは実質でかい無印で、
本屋とCD屋と一階の小さな催し物会場と、
どういうわけか女の子と行くのが楽しい場所だった。
だった、というか、人も多くなくて好きだ。

四条河原町のユーハイムが店を閉じていた。
[PR]
by fdvegi | 2005-08-26 00:30 | 京都在住 | Comments(0)

しおしお

Ⅰ種の試験に通り、霞ヶ関で連日の最終面接をしているとき、
待合室でたまたま同じテーブルになった3人とは
今も断続的に連絡を取り合い、たまに会ったりもする。

一人はそのまま採用され、今は一児の母であり、係長になっているんだろう。
この人とは直接の連絡はなくて、他の二人から口伝えで聞いている。

別の一人は大学院で2年間の「浪人生活」を送った後、
先日、晴れて別の省庁に採用された。

また別の一人は派遣やアウトソーシングで徹底的に経理の実務経験を積み、
いわば長い下積みを経て、一部上場商社に経理マンとして再就職を果した。
「商社って儲かるわ」と淡々と感想を述べる。

仕事をやめ、1年間試験勉強に打ち込んだ大学時代の友人が
外交官として採用された。

大学の友人の一人は未だに定職につかず、
アフリカへの脱出も視野に入れたまま、
漆職人の学校を受験するための絵の学校に通い始めた。

研究生活を続けている高校時代の友人から電話があって、
明日から中国に行く、最低1年、と申し渡された。

こないだまで「赤ちゃん」と呼んでいた友人が、
「おなかの子もぽこぽこ動いております」などと言うようになった。


友がみな我よりえらく見える日は、
世界が電波を拒む時間まで、
仕事をするのだ。
[PR]
by fdvegi | 2005-08-23 00:30 | 京都在住 | Comments(0)

黒に黒糸、という地獄

笑っていいとも増刊号を見るともなく見ていたら、キングコング西野のシャツがかっこよかった。

体の前面中央(ボタンホール脇)と、両側面と、手首のところに黒の太いラインが通っている。

非常に長いストロークで、太いリボンを出し入れしている(縫っている)みたいに見えるけど、詳しいことはわからないし、よく見えないので、とりあえず何となく真似てみた。

前面も手首もやってしまうと仕事着としてはきついかな、とは思っていたが、そんなことを悩むまでもなく、両側面だけで5時間かかった。死ぬかと思った。c0072352_9594468.jpg

真っ直ぐですらないようだけど、まいいや。
ワイシャツが白い限りぼくは自由さ。


バイトの子らに一日中クスクス嘲笑われました。

馬鹿野郎!
寝る!
[PR]
by fdvegi | 2005-08-22 00:30 | 京都在住 | Comments(0)

それは貧しいフランス人だ

おかしな週だった。
体の調子もおかしかったし、仕事の量と重さにも波とばらつきがあって、なんだか非現実の世界で過ごしたみたいだった。

月曜日は泣くほどヒマだったのに、日を追うごとに仕事が増え、しかも火曜日から突如として上司が休み始めてしまい、結局、今日金曜は午前になった。

かつ、忙しいと言っておきながら水曜は早々に切り上げてこないだの友人と夕暮れデートに行き、職場から目と鼻の先でスーツを着たのまま彼女といる、というのがものすごく異常な感じで、暗がりの中、せせこましく入組んだ古い住宅街の細道を二人でボチボチ歩いて帰るというのは、後になって思うとますます異次元な感じがしてくる。

そのせいか、あるいは夜な夜なやけに鮮明に昔の人が夢にでてきて変な不安と劣等感に苛まれるせいなのか(我ながら不幸)、木曜から急激に体がしんどくなって、今日はついに昼まで出勤できなかった。

いい加減、食生活をちゃんとしたのに戻さないと、じきに死ぬような気がしてきた。少なくとも毛は抜けるだろう。嫌だなぁ。
[PR]
by fdvegi | 2005-08-19 00:30 | 京都在住 | Comments(0)

君が恋しているのは知っていた

付き合うとか/結婚とか/そういうことじゃなくて/その方が自然な感じしない/二人だと無理だけど/子どもがいたらそれで/いけるような気がするんだよね

などと言う人がいたかと思えば、

別の薬をつけてみようと思ったんだ/もしも悪化して/変な色がついたりしても/自浄作用があるんだから/大丈夫だろうと/思ったんだ

などと言う人もいる。
[PR]
by fdvegi | 2005-08-17 00:30 | 京都在住 | Comments(0)

ワイシャツ・チラリズム

ブランケット・ステッチを体得した。
実はひそかにずっと憧れていたテクニックで、
生成り風の色合いの生地に、c0072352_18474732.jpg
ちょっと太目・粗目の糸でこの遊びを加えると、
途端に、手作りではないけど手作り風な
なんか知らんがやたらと素敵な一品になってしまう。

そこで、どうなるんだろうと思って、
ワイシャツのボタンの脇に、上から下までこれを入れてみた。→
やりすぎになるのは嫌なので糸は白。このさり気なさが素敵だ。

とはいえ、やっぱりやりすぎかな、などと心配していたのだけど、
二時間かけてようやく完成し、試着した瞬間に気がついた。
見えない。
そう、ボタンを閉めるとまったく隠れてしまうのだ。
ボタンホールの脇でないと意味なし!
c0072352_18472264.jpg
急遽、第二ボタンから上だけを青い糸でやり直し、
結果、ネクタイを解いたほんのひと時だけ現れる、
幻のブランケット・ステッチが完成。

首もとにエロス、なのさ。

ふん。笑えよ!
寝る!
[PR]
by fdvegi | 2005-08-15 00:30 | 京都在住 | Comments(0)

独まむし

先々週は毎日というか毎食、永谷園のお茶漬けに水をかけて食べていた。
さすがにやつれてしまったので、
先週は毎日バゲットを食べた。スープもつけた。

結果どうも体がおかしくなって、ちょいちょいブツブツができてきた。
困ったな、毎日トマトは食べてるし、トマトジュースも飲んでるし、
アルコールは控え気味なのに、と思っていた帰り道、先輩に遭遇した。

自転車のカゴにビタミンとかカルシウム配合のジュースを山ほど積んで、
別に聞いてもないのに「つわりの嫁に」と教えてくれた。
「何もせんでゴロゴロしてばっかりや」と彼は加える。

とりあえず「へえ。大変やな」と応えたりした。

別れ際、「じゃ」と言うと、彼は力強い声で、
「お前も一人で頑張れよ!」と励ましてくれた。
[PR]
by fdvegi | 2005-08-11 00:30 | 京都在住 | Comments(0)

先生

ワイシャツのボタンを付け替えてみた。c0072352_16474456.jpg
白から青に。手元に赤を入れたりして。
こないだのカボチャのスープが極めて薄っすらと残ってしまったので、
ちょっと勢いづいてやってみたら大変面白かった。

なので、ついでにもう一枚、適当なのを選んでやってみた。
シャツ一枚で14個。計28個。
一枚目は2時間くらいかかったけど、二枚目は1時間くらいで済んだ。
仕上がりも格段にきれいになった。

これはひょっとすると、じきに自分でステッチとか入れ始めるかも知れない。
襟口や袖口にあるのは持っているので
例えば、ボタンホールのラインの両サイドとか。わからんけど。
ほんのちょっとのきっかけで一気になだれて行ったりすると面白い。
[PR]
by fdvegi | 2005-08-10 00:30 | 京都在住 | Comments(0)