八代市とビルマ

黄金のいぐさ畑を見に、熊本県へ行きたいな、と思っています。
天草から小船に乗って八代の港まで行き、
そこからタクシーで日奈久温泉まで行く途中に通った一面のイグサ畑。
傾きかけた大きな太陽に照らされて、目に入る一帯が金色空間というか、
黄金の空気の中をひなびたタクシーでせっせと行く自分が思い浮かんでくるようです。
何と卑小なるわが身。

あの辺、何ていうとこなんでしょう?
知ってる人いませんか?

あるいは、ゆったりと放置を楽しみにミャンマーへ行きたいな、と思っています。
昔一緒に撮った写真を渡しもしたいし。
願う・祈る・拝む。
誰から聞いた話だっけ。
ミャンマーの人は拝むんだそうです。

今って観光ビザ下りるんでしょうか?
物価はどのくらい?
人心は荒れてるのかな。
誰かご存じないですか?
[PR]
by fdvegi | 2008-08-05 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< ぼくはチャンネルを変える 次同じ場所に行くと泣きそうにな... >>