ぼくの生きる道

腰が痛い。
深酒は腰に来る、と聞いたことはあったけど、
これがそういうことなのか。
台所の高さを5センチ上げる工事は、やはり正解だな。

深夜、木屋町通りの植え込みで目が覚めた。
ジャケット、財布、定期、家のカギ紛失。
まぁ、ぼくほどのベテランともなれば、
それでも何とかして帰ってこれるわけだ。

その夜は幸運にも何故かお尻のポケットに現金を入れていたのだけど、
深夜にタクシーで乗り付けたところ、
カギと一緒にさささっとお金を持たしてくれた彼女が立派な人に思えた。

9時過ぎにようやく目覚めたところへタイミングよく電話をくれ、
しどろもどろ朦朧と喋る様子から察して、
体調を崩して休む、と判断し、はい、と答えるのを促して、
上司にはうまく報告してくれた派遣さんも立派な人だ。

翌朝になってカードをあれこれ止め終えたところで
五条警察から連絡があり、すべて無事に戻ってきた。
無人の四条の交番に誰かが置いて行ってくれたそうな。
京都はやはりいいところだ。

馬鹿はぼくだけです。すいません。
[PR]
by fdvegi | 2008-06-27 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< 6月に読んでみた 堰を切る >>