真夜中に会いに

今週はやたらめったら忙しかったです。
昨夜は家の前まで来たのが12時過ぎでした。
で、家に入ったのが2時頃。
その間、約2時間。
何をしてたでしょう。

はい。長岡京市まで行ってました。
夜中にタクシー乗って、彼女の実家へ。
てへ。

てへへ。
部屋のカギを職場に忘れちまいました。
職場のカギと一緒に丸ごとね。
つまり戻るも地獄、留まるも地獄。電車もないしさ。
わかるかな、この、死にたくなるかラリってハッピーになるか、
二つに一つしかない瞬間。
ぼくはもう、後者を選ぶしか、なかったよ。

市内から長岡まで、片道約40分なんですね。
往復1時間半。5,000円以上は半額のタクシーで7,500円。
この割引制度を初めて使いました。
けっこう素で嬉しいというか助かる。

山の中の道を行くのかな、と思ってたら国道使ってました。
山越え、という言葉を想像して、勝手にワイオミング州横断を思い出してたのにね。
あぁ、わずか半年ほど前、スポーツタイプの車を自分で運転して、
ワイオミング州の沙漠と山間の道を時速100キロで駆け抜けてたとはな。俺。
なんか字面だけ見るとかっこいいじゃん。
思えばあの2・3日が一番、後にも先にも不安がなかったような気さえする。

てなことを、ドライブの間、延々と夜の町を眺めながら考えてました。
夜の11時まで、電車乗り継いで仕事してる自分。
タクシーを止め、愛想のよすぎる運ちゃんと実のない話をする自分。
40分かけて自分の部屋の鍵を借りに行き、借りたカギを抱えて同じ道を帰る自分。
向かいのビルのガラス張りにやたらと映える王将。
昔バイクで走った国道171号線。

俺、おい俺、まだ一ヶ月だぞ。

深夜、実家の玄関から洗ったばかりの濡れ髪で出てくる彼女は、
何だかいつもとは違う人のようでした。
ドギマギした。

I found in front of my room that I left the key to my room at the office. It was at 0:00 at night. The last train had gone, the key to the office was also at the office which probably was already closed. Oh boy...
I took a taxi in order to go to my girlfriend's house just to borrow the copy key which I had given to her. She lives with her parents and it is normaly unacceptable to stay under one roof with partner's parents' house before the marriage in Japan. It took one and half hour, and 75 dollars.
[PR]
by fdvegi | 2008-05-10 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< 上京区恐るべし 4月の君を思う。 >>