24時の烏丸はさびしい

大学の同級生と会ってみた。
みんな変わってないのか変わっているのか、
よくわからんけど楽しかった。

同じ大学の違う専攻の人たちはゾロゾロ結婚しているのに、
昨夜のスウェ語に限って言えばみんな独身で、
どこにどんな違いがあるというんだろう。

2軒行ってビール数杯&お酒数杯という、
夜更かしと深酒がすっかりダメになってしまったぼくとは対照的に、
その日の朝まで飲んでいて、その夜も朝まで飲む予定というつわ者もいた。

それにしても、働き始めの頃から今に至るまで、
誰でも一人残さず、多かれ少なかれ病んでいる節があるのが可笑しい。
就職も大変なら就業も大変なんだから、生きるのって大変だね。

先日、あじさいという近所の居酒屋さんで飲んでいたら、カウンターの端っこに常連さんらしき学生さんがいて、あの酒やこの酒を飲んでは、うまいとか、すっきりとか、しっかりとかわかりやすい感想を述べたり、もうちょっと何とかな方が、とわかったようなことを真剣とご満悦の入り混じった顔で述べていた。
ふふ。
そんな彼らも、よくよく聞き耳を立てているとノムショーに就職したそうで、最初は「農務省?農林水産省のことを今の学生さんはノムショーっていうのかな」などと思っていたら、どうも野村證券のことらしい。
へぇー。

そんな話を、先日上洛した漆職人の友だちと話していたら、就職買い手市場時代には職人や独立の商店主が多く、売り手市場には勤め人が多いという、そういってみれば当然な統計を教えてくれた。

個人て人生丸ごと社会に振り回されるんだね、多くの場合。
そんな風に思った事をちらと思い出した。

ぼくらはその日、朝から駆けずり回って骨董屋さんや木組みの家具屋さんを巡り、
寺町通りのスタンドという昭和ジャンクなお店でビールを飲んだ。
楽しかった。


It's fun to see univesity friends for the first time in 7 years! Umeda is downtown of Osaka and one of the biggest fun place in the western Japan. Meeing spot is called "on the Big Man" and quite famouse place for younger people like students. On arriving there, I found many students waiting for their friends and people of the opposite sex that they are going to have dinner & drink together. It's a kind of dating or match making party called "go-com".
[PR]
by fdvegi | 2008-05-04 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< 4月の君を思う。 誰かができたからプロブレム >>