終わりの日

時計がまた6時半で止まっています。
忙しいってこういうことでしょうか。

30日の朝一に荷物を運び出し、がらんどうとした部屋を眺めていました。
床屋さんは10回行ったらくれる景品を9回なのにくれて、
ケーキやさんはまたケーキをくれました。
世話になったクリーニングのおばさんにも挨拶をして、
近所回りはすべて終わりです。
2年前に比べて、部屋はいくぶん汚れています。

引き払いの手続を終えると、管理業者のおっさんが職場まで乗せてくれて、
当面のワイシャツなんかが入った大きなカバンをさげて出勤しました。

年度末と引継ぎとでぐちゃぐちゃになった仕事を忘我の境地でこなし、
ひとまず胸をなでおろし、興奮をひきずって一日を終えます。

送別会を終え、友だちの家に泊めてもらいます。
春休みということがまったく抜け落ちていたせいで、
ホテルが混んでいることがまったく頭に入っていませんでした。

うまくごまかしたり、しなけりゃしないで何とかなるかも知れないものを、
勝手にいたたまれなくなってわざわざ彼女に電話をし、
眠っていた彼女の気持ちまで無闇に粟立たせてしまいます。
ごめんなさい。

わかしてもらった風呂に入り、出してくれた服を着て、敷いてもらった布団ですやすや眠り、
入れてくれたお茶を飲み、玄関までカバンを運んでもらって、お別れです。
泣いています。

色んな人が泣きそうな笑顔を見せてくれます。
頑張ってとか、できるよとか、言ってくれます。

ぼくはその度にハッとして、
これで相当しばらくは会うことができないんだということを思い出し、
悲しい気持ちと、申し訳ない気持ちになってしまいます。

すべての一時一時が忙しいか、とても楽しく幸せなので忘れてしまうのです。
4月3日から新しい職場だとか、3月30日は引越しということはわかっているのに、
それが明日だ、今日だ、3月の末だ、4月の直前だということが
一向にリアルには認識できないまま、今日になってしまいました。

ぼくの京都はひとまずこれで終わりです。

気持ちをこんなにたくさん残して行くことになろうとは、
去年の今頃なんてまったく思いもよらないどころか、
今日の今日までまともに知らずにいました。

悲しい。
一人は無理です。
[PR]
by fdvegi | 2006-03-31 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< 私用アクセス不可。その徹底ぶり... はや火曜 >>