愚か者で構わない

昨夜、早速セクハラ被害者の共通の知人でもある友人2人に相談しました。

すると、「それはワールドワイドにグリーティングの範囲やから大丈夫」
「ヨコシマ指数ゼロならよし。適当にフォロー入れとく」
そして揃って、「キャラ的に大丈夫」と言ってくれました。
ふぅ。
なんとも得なキャラですが、とにかくひとまずは安心です。
よかった。
で最後に、既に晩飯の席で話していた彼女に報告。
「さらりと流しちまいなされ」

はー。
時折、息苦しいほど優しくされたい気持ちになる時があるもんですが、
昨夜の庇護感ときたらまったく前代未聞の代物です。

観たことないけど、ウッディ・アレンの馬鹿丸出しとしか思えない映画の名前も、
まぁ今夜は許すというか、やっぱり今夜も許す、そうだよね、なんてうめきつつ、
バレンタインにお歳暮でもらった梅干を送ってくれた母にありがとうの電話をして、
とろとろっとご就寝。

アーメン。
ぼくは愚か者で構いません。
[PR]
by fdvegi | 2006-02-16 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< relaxing clearly 進化 >>