披露宴

fdvegiさん、文学(詩)に秀でてるねんな。
個人的には、風呂屋の話が好きやわ。
その場の風景がなんとなく目に浮かぶからかな。
冬の京都と銭湯、情緒深いね。
けど不幸シンクロだけはドロドロしてるというか身震いしたね、
詠んだ人のただならぬ感情が込められてるような気がしたから。


わたしはワイシャツ・チラリズムが好き。
あと、あなたの食べ物について触れるくだりは
すごく好き。
とても美味しそうに聞こえるから。
昔から、fdvegiさんの書く文章が
とても好きだったなあと改めて思ったりして。
ちょっと泣ける日記もあったり。


私は本を読まないからストーリーとか感想とかは興味ないんだけど、
fdvegiさんの場合、紹介や解説っていうより、本を読むのが自然な感じ。
生活の一部になっていて、私もそういう風に本を読めたらいいなって思う。



恐ろしく少ない訪問者たちから
ひそかになかば無理やり言わせた寄せられている
貴重な貴重なお褒めのことばたちでございます。

皆さん、書いてる本人にしてみると意外なところに目をつけてくださっていて、面白い。
ありがとうございます。嬉しいです。
これからもよろしくね。
[PR]
by fdvegi | 2006-01-13 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< こういうの好きなんです 不愉快な読書 >>