ハンパなくOB会

「old boy」って映画はすごいね、ありゃ。
生温かい感じが伝わってくるよ。

感情と仕打ちが飛びぬけて激烈または冷徹なだけに、
血とか舌とか人肌とか過去とか疼く部分とか、
そういう人間人間した生温かさが際立つよね。

そういう生温かさこそ人間、て言いたいのか、
そういう生温かさこそが罪作り、てことなのか、
それとも、そういう生温かさにこそ悲哀が宿るってことなのか。
悲喜こもごも。

いや。
そりゃもう圧倒されるよ。
[PR]
by fdvegi | 2005-12-01 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< ニュース 泣きっ面のブツブツ >>