充実10月

「号泣する準備はできていた」という本を読んだことはないけど、
そのタイトルは上質で、素敵な感じがする。

それを勝手にもじって、転がされる覚悟はできていた、のだけれど、
ここへきて、転がされるとかそんな軽薄な言葉では足らんというか、
なんだかんだ言っても結局は楽しげなバックグラウンドを感じさせる、
そういう軽妙な感じを決定的に欠いてしまった。
と村上春樹なら傍点をつけるかも知れない状況と気分に陥っている。

由々しき話だ。

今朝目が覚めると久しぶりにまた裸で、肩とのどがとてつもなく痛い。
これはただの馬鹿だ。

薄明るい程度の照明と、ボリュームが非常に適度な音楽とで、
ポップな内装がぐっと落ち着いて感じられる、客席の数とそれに対する店員さんの数も手頃な、
だけどそれゆえに雰囲気負けかと邪推せずにはいられなかったところが、
意外と本気でおいしい野菜中心のイタリア風料理を食べつつ、
(ルッコラのサラダとキノコたっぷりのピザがいい。いい香りだ)
あんまりうまくないけどまぁよしとする赤ワインをボトルで頼んで、(グラスがNG)
そういう由々しき話をそこそこ軽妙に聞いてくれる友人がいるというのは、
まぁ一重に彼女の人徳の致すところとも思えるが、とにかくぼくはラッキーだ。

この手の人徳というかラッキーがある以上、というか、その友人がいる以上、
うむ、真性マリオネット・ライフもさわりぐらいは試してみてもいいかと思えてくるのは、
これは人徳というより一重にマゾヒズムの境地かとも思うが、どうだろう、
「それなら前から知っていた」と、いつかそう告白するときが来たとしたら、
それは春琴ちゃんにメロメロの末、失明までした佐助くんばりの、
空前絶後のエゴイスムにも似たり、美談かな、なんてことにはならんだろうか。

馬鹿。

今日の夢にはなぜか高校時代の友人、高橋宏王くんが登場した。
懐かしかった。

生ジュディ・オングは、前にふられた彼女に激似だった。
懐かしかった。
[PR]
by fdvegi | 2005-10-31 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< 万年病床 無闇にプリプリ >>