この家

月曜日、新京極のキリンシティに行ってきました。

最近、キリンのブラウマイスターというビールが好きで、生が飲めるのはここらではキリンシティだけだと聞きつけたもので、気分のいい時を狙って探してきました。知らないところに一人で飲みに入るというのは、何度やってもそれなりに勢いが必要です。小心者です。
しかも、そこではイベリコ豚といううまい豚肉が食えるということも前に聞いていました。時代は今、うまい豚肉です。

ちなみに、このブラウマイスターは缶々がセブンイレブンに売っています。ラガーよりしっかりしているのに、妙な味の濃さや、嫌な重さがあるタイプではりません。うまいと思いますよ。

で結局、店は探すほど難しいところでもなく、半地下の店内はヨーロッパによくあったような、丸いカウンターがあって足元に棒があって、一人飲み対応というか一人で飲んでる人がけっこういる、落ち着きある賑わいを呈するいい空間でした。

で、いい具合の泡を鼻の下に感じつつ、いい感じに冷えたビールをゴクゴク。うまい。
香りのさわやかなイベリコ豚をつまみつつ、ゴクリ。チビリチビリ。ゴクリ。うまい。

一つ二つメールの返事を書き、楽しかった3連休を振り返りました。

ミャンマー語はやっぱり難しい。到底読めません。
だけど、習い始めの外国語というのは、ただそれだけで楽しいのです。

ふぅ。

しかしまずい。
素敵すぎる。チェコ以来、素敵すぎる。
難しいぞ、これは難しい。
と、日曜日の、鍋の、その人を思わずにはおれません。
そのせいですっかり色褪せて映ってしまった月曜日が、米仏を知るその人が、だけどそれゆえにとても好もしく思われました。あんなに素敵に思えてたのに、さっさと一人で飲むことを選んでしまったのはそのせいです。

まずいなぁ。
身に余る。あまりに身に余る。

ふぅ。

ま、いっか。とりあえず。ぼちぼちするさ。
次の約束はあるし、何も知らない、だけどとても効き目のある友だちもいる。
少しずつ肉をつけていくみたいなもんさ。
そういう作業だ。
丹念に誠実に、ただ取り組むだけさ。

しかしうまいな。おいしい味はするのにさわやかだ。
豚みたいに欲まみれ、だなんて誰が言った。

[PR]
by fdvegi | 2005-10-11 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< 悲惨な気持ち いいすぎ >>