大原野・沓掛の愛宕灯籠

灯籠を追いかけ回しているうちに、あっさりと秋になってしまいました。
先日は十五夜の月がまぶしく、取り囲む雲には鈍い虹色が反映されていました。幽玄丸出しです。
冷えた夜気を感じながら熱燗を飲んでいると、炎天下の嵯峨・太秦がますます懐かしく、愛おしく思えてきます。秋の郷愁ですね。

c0072352_08135328.png

さて、大原野です。
長岡京市と京都市西京区洛西タウンの間に広がる、まさに大きな原野ともいうべき一帯。
長い間、長岡京市に出入りしていましたし、洛西タカシマヤにもよく行っていたので通過はしていたのですが、驚くほど意識に上がってこない構造になっていると思います。この大原野という場所。不思議です。

奈良に有名な春日大社がありますが、奈良平城京から京都長岡京へと都を移した際に、その春日大社を小さくして京都へ持ってきていました。
それが大原野神社といいまして、この大原野の奥の奥、京都盆地の西端、小塩山の山すそにあります。
夏場のジョギングで走りに行って初めて知りました。
歴史の古さとしては、左京区よりも西京区の圧勝なのかもしれません。

灯籠はその大原野神社の周辺と、よくわからないけど東側の一極に集中している感じでした。
小集落をひとつひとつ丹念に探せばもっと出てくるような気もします。
c0072352_08155246.jpg
090_西京区大原野南春日町


c0072352_08151445.jpg
015_西京区大原野南春日町

c0072352_08144404.jpg
010_西京区大原野北春日町

c0072352_08154608.jpg
089_西京区大原野北春日町

c0072352_08151017.jpg
014_西京区大原野南春日町


小休止。ここまでが地図の左側。大原野神社周辺です。
010_が一番わかりやすいところに立っていて、ジョギングのコース上です。
それまで左京区でしか意識していなかった愛宕灯籠を、京都市内の西側で初めて、しかも不意に見つけたものですから、頭では何となくわかっていたものの、改めて、分布の広域さに感心したのを覚えています。


この先は地図の右側。
c0072352_08165677.jpg
243_西京区大原野上里南ノ町

c0072352_08165048.jpg
242_西京区大原野上里北ノ町

c0072352_08164588.jpg
241_西京区大原野上里北ノ町

c0072352_08163247.jpg
238_西京区大原野石見町

c0072352_08162881.jpg
237_西京区大原野上里南ノ町


ここまでが地図の右側。大原野には江戸時代みたいな小さな集落が散在していて、そのいくつかに灯籠が残っていました。
家の軒先で明らかに崩れつつある238_とか、我ながらよく見つけたなと思います。
242_は愛宕かどうか少し迷いはあるものの、小集落での密集感や位置関係からすると、そうであってもよかろうと思われます。確かなことは、はい、わかりませんが。


最後に沓掛に一つ。地図の左上の一つです。

c0072352_08143930.jpg
009_西京区大枝沓掛町


亀岡市との境界で、山陰街道の玄関口です。
亀岡市には市内だけで203基の愛宕灯籠が確認されています(「愛宕灯籠 私たちの身近にある石造物を訪ねて(平成6年)」より)。
一大集積地である亀岡から山陰街道を経由して京都市内へ流入して来たのか、それとも京都市と亀岡市それぞれで拡散・分布した灯籠が、この場所で面と向いて向き合ったのか。
どういう展開だったのだろう。




[PR]
by fdvegi | 2017-10-07 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< 向日市の愛宕灯籠 山科の更新 >>