桂周辺の愛宕灯籠

さぁ、いよいよ桂川を渡ります。
橋を渡るといえば、(少なくとも初期の)ドラゴンクエストでは橋を渡ると途端に敵が強くなりました。
北斗の拳では、橋ではないけど小舟で渡った修羅の国で、それまで相当強かった人がいきなり脚を一本もがれて登場し、次いで、煙の先からその片脚を手に仮面の男が現れました。

どういうわけか、それらの印象がやたらと強く残っていて、大きな水を渡るのは今もいたずらに緊張を強いられます。
この言い知れぬ恐怖は、三途の川の話とか、因幡の白兎の話とか、意外と生命原初の記憶なのかもしれません。
閑話休題。

c0072352_21521202.png


桂は別に恐怖の場所ではありません。
有名な桂離宮があったり山陰街道が通っていたりと、歴史の趣き深い場所でした。
桂川をはさんで西京極と隣り合っています。

それまでほとんど行ったことがなく、行ってもせいぜい桂駅でしたので、驚いたというのが正直なところです。それも心底驚きました。ものすごい古い。

しかし考えてみれば、なるほど、東に京都市街、北に嵯峨・嵐山を擁しており、交通の要衝にならないわけがありません。

灯籠もかなりたくさん見つかりました。
まずは、桂駅の東側(右側)から。

c0072352_21564918.jpg
147_西京区桂徳大寺町

c0072352_21564810.jpg
148_西京区桂徳大寺町

c0072352_21580058.jpg
163_西京区桂久方町

c0072352_21575993.jpg
162_西京区桂春日町

c0072352_21585699.jpg
091_西京区桂朝日町

c0072352_21575809.jpg
164_西京区川島北裏町

c0072352_21595310.jpg
168_西京区下津林楠町

c0072352_21595315.jpg
169_西京区下津林楠町

c0072352_21595363.jpg
157_西京区桂徳大寺町

c0072352_21570667.jpg
167_西京区下津林楠町

ここで小休止。
162_が吉祥院で言及した春日神社の対になっている愛宕灯籠です。かなり珍しい例だと思います。
遊び心があるか、特にこだわりのない神主さんが設置(を許可)したのでしょうか。

167_は、パッと見は非常に愛宕灯籠的で、この近くにも愛宕灯籠があって、しかも明治元年の設置です。
なのに、「愛宕」の文字が見えない。
非常に微妙なところなのですが、確証なし例としておきます。

次から、桂駅の西側(左側)です。

c0072352_21555894.jpg
064_西京区上桂東居町

c0072352_21554432.jpg
008_西京区上桂西居町

c0072352_21575952.jpg
161_西京区桂乾町

c0072352_21583040.jpg
092_西京区桂巽町

c0072352_21575990.jpg
166_西京区川島玉頭町

c0072352_21575911.jpg
165_西京区川島玉頭町


以上、右京区が出所の愛宕灯籠を、西京区にて、あえて東側から紹介しました。
西京区は、地味に、京都市内のどの区よりも数が多そうです。





[PR]
by fdvegi | 2017-09-21 00:30 | 京都在住 | Comments(2)
Commented by 通りがかりの者 at 2017-11-22 17:14 x
165の奥に見える三宮神社境内に不完全な形の愛宕灯籠があります
Commented by fdvegi at 2017-11-23 21:07 x
貴重な情報をありがとうございます。三宮神社と愛宕灯籠は相性がいいですよね。どういう関係があるんでしょうね。
<< 久世周辺の愛宕灯籠 左京区の愛宕灯籠 まとめ >>