真昼の逢瀬

職場のお昼休みに走っている。
今出川から丸太町まで行って戻ってくる。
その間の逢瀬。

大きな通りからほんの少し入っただけなのに、大きな通りからまったく目に入らない位置に小さな社がある。
小さな鳥居もあって「弁財天女」と掲げられている。
そして、社の傍らには、屋根の下に小さなお地蔵さんがギュウギュウに並べられている。
ちょっと驚くような眺めだけど、この辺では別に飛びあがるほど奇異というわけでもない。
きっとこの目の前で地蔵盆が行われるんだろう、と自動的に思う。

繰り返しだが、その一隅は大きな通りからはほぼほぼまったく目に入らない。
にもかかわらずそんなところに行き当たったのは、知らない道や細い道に入っては道に迷うのを楽しむのが善だと・妙味だと信じているからなのだが、いかんせん、行き止まりには閉口する。
「道に迷う」のは全然よくても、「行き止まりから引き返す」のはどういうわけかロス感がやたら強い。

しかも限りある昼休みということもあって、ロスを取り戻そうとムキになって走った。
ムキになって走ると軽くトランスな感じになる。
軽いトランスの中で、ふと、「弁財天女」だったな、普通「弁財天」だけじゃないかな、どうだったかな、という思いが走る。
「女」感がぐっと強まる。

そして、ポコポコ林立蝟集した地蔵たちがフラッシュバックする。
小粒な男たちがよってたかって女にすがり、女はそれをどんと構えて包み込む。
何だかそんなイメージが浮かんだ。
んー。いいじゃないか。
何と言っても弁財天だし、金運も上げて、男を上げるに違いない。
むむむー。いいじゃないですか。

再々しつこいようだが、大きな通りからはほぼまったく目に入らないのだ。
にもかかわらず、ふらふらと呼び寄せられたこの引き。引きの強さ。
これはもう仕方ない。
会いに行かなきゃ仕方ない。

というわけで、従来3kmちょいのお気楽ランニングだったのが、以来、山越え谷越え4.5km、お昼の逢瀬に赴いている。
さすがに疲れる。
が、とにかくこの場所は妻にも内緒にしておこう。
弁財天は嫉妬が強いっていうからな。
いやいや、弁財天女だ。
ふふふ。



[PR]
by fdvegi | 2017-06-14 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< 空なんて とてもいい暮らし >>