あのシーンはなんだか知らないが泣ける

高槻児童公園といって、広いわりに人の少ない公園が近所にある。
先日通りかかったら、人だかりができていた。
みんなスマートフォンを心もち高めに構えている。
なるほど、「ポケモンGo」だ。
テレビでは見ていたものの、実物に遭遇すると、なるほど、これはけっこう気持ち悪い。

まず、公園全体が人で埋まるわけではない。
公園内の外縁がやたらと混んで、中心部は空っぽになっている。
(なんで? ポケモンが公園中心部に出るから? それとも単に中心部に出ていくのは恥ずかしいから?)
このコントラストがなんとなく気持ち悪い。

次に、たくさん人がいるのに基本的に全員が電話しか見ていない。
電話しか見ていないわりに、電話に集中的に取り組んでいる、という感じが高くない。
昔、大型家電量販店の近くでダウンロード版のドラゴンクエストをやっている集団を見たことがあって、それはそれで非日常な感じではあった。
けれど、場所が大型家電量販店のすぐ近くで一定のスポットに密集しているのと、手に持っているのがゲーム機で圧倒的に男子の割合が高いのとで、あぁゲーム好きの男子が必死になってゲームをしに来ているのだ、という妙な安心感というか既視感のようなものがあった。

しかし、ポケモンGoは公園だし、男女入り混じっているし、「そこにゲームをしに来ている!」という決然としたものを感じがたい。
何だか、行くあてのない人々が浮遊している感じ。
近未来映画で、若者が新興宗教にはまっていて、ゾンビが集団で動いてて。
その感じが何となく得体が知れなくて気持ち悪い。

屋外で電話を掲げるというと、つい「ジャージの二人」という小説で、畑の真ん中だけ電波が三本立つという有名な(?)シーンを連想してしまう。
あのシーンはなんだか知らないが泣けるのだ。
だから印象深い大事なシーンなのだけど、同じ屋外での電話なのに、今回はずいぶんと様子が異なる。
文字によるフィクションと、生身で見る現実の違いなのかも知れない。

そんなことを言いながら、ぼくはぼくで家のWi-fi環境で夜な夜なGodusというゲームに夢中になっている。
神になって人を導いている。
うむ、我ながら気持ち悪い。
[PR]
by fdvegi | 2016-07-31 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< 電話と保険、あとは更新料 子どもに何をしてやれるのか >>