黒に黒糸、という地獄

笑っていいとも増刊号を見るともなく見ていたら、キングコング西野のシャツがかっこよかった。

体の前面中央(ボタンホール脇)と、両側面と、手首のところに黒の太いラインが通っている。

非常に長いストロークで、太いリボンを出し入れしている(縫っている)みたいに見えるけど、詳しいことはわからないし、よく見えないので、とりあえず何となく真似てみた。

前面も手首もやってしまうと仕事着としてはきついかな、とは思っていたが、そんなことを悩むまでもなく、両側面だけで5時間かかった。死ぬかと思った。c0072352_9594468.jpg

真っ直ぐですらないようだけど、まいいや。
ワイシャツが白い限りぼくは自由さ。


バイトの子らに一日中クスクス嘲笑われました。

馬鹿野郎!
寝る!
[PR]
by fdvegi | 2005-08-22 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< しおしお それは貧しいフランス人だ >>