ワイシャツ・チラリズム

ブランケット・ステッチを体得した。
実はひそかにずっと憧れていたテクニックで、
生成り風の色合いの生地に、c0072352_18474732.jpg
ちょっと太目・粗目の糸でこの遊びを加えると、
途端に、手作りではないけど手作り風な
なんか知らんがやたらと素敵な一品になってしまう。

そこで、どうなるんだろうと思って、
ワイシャツのボタンの脇に、上から下までこれを入れてみた。→
やりすぎになるのは嫌なので糸は白。このさり気なさが素敵だ。

とはいえ、やっぱりやりすぎかな、などと心配していたのだけど、
二時間かけてようやく完成し、試着した瞬間に気がついた。
見えない。
そう、ボタンを閉めるとまったく隠れてしまうのだ。
ボタンホールの脇でないと意味なし!
c0072352_18472264.jpg
急遽、第二ボタンから上だけを青い糸でやり直し、
結果、ネクタイを解いたほんのひと時だけ現れる、
幻のブランケット・ステッチが完成。

首もとにエロス、なのさ。

ふん。笑えよ!
寝る!
[PR]
by fdvegi | 2005-08-15 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< 君が恋しているのは知っていた 独まむし >>