夏休み

「血の絆」という映画を見に行ってきた。

タイトルは古いけど実は完成は昨年2月あたりで、製作に14年もかかったらしい。
14年は長い。いくら何でも賞味期限というものがあるだろう。

うち7年は資金不足で中断していたそうだけど、7年だってじゅうぶんに長い。
最後は文化庁に応援してもらったって言ってた。
日本-ミャンマー合作映画で、ミャンマー政府が撮影を公認した世界初の映画らしい。
ミャンマー軍事政府はどういうたくらみだったんだろう。

舞台の9割がたがミャンマーなのもあるけど、それにしたって、
現代的な日本の価値観がほとんどまったく投影されていないところがすごい。
設定は一応60年代末か70年代なんだけど、
日本での舞台は旧家の中だけで、そのせいか主人公の化粧も服装もやたらダサく、
そして大学院1年でビルマ語をほぼ完全にマスターしているところには無理がある(たぶん)。
語学をかじって打ちひしがれたことのある者にとっては、非常に感情移入は難しい。

妻を早くに亡くした日本兵が出征中にミャンマー人と結婚して子どもができ、
だけど終戦を機に帰ってきて死んでしまい、
十数年後、その日本兵の日本人の子どもが、異母弟であるその子をミャンマーまで探しに行く。
という重いといえば重く、シンプルといえばシンプルなストーリーだった。

201分。
率直に言って長い。

それもこれも、この映画が“ミャンマーの映画”ではなくて、“戦争と戦後の映画”であることの現われだし、目的だし、任務だったんだろう。
会場は観光バスでやってきた戦友会の老人団体で溢れ返っていた。
「119部隊の○○様」なんていうアナウンスはそうそう聞けるものではない。
戦争で実際にビルマに行っていた人々に違いない。
隣に座ったおばあさんは何度も涙を拭っていた。

戦争中に父親が日本語の先生をしていたというミャンマー人のおっさんがベラベラと日本語り出して驚いたことがあって、あぁ、そうかそういえば、と戦争という側面も知らないことはなかったけど、それにしたって“ロンジーといい人たち”のイメージが大半だったぼくにしてみれば、なかなか激しい現実だった。

とはいえ、厳しい戦争、きつい自然、むちゃな作戦、への怨み節はあっても、
ミャンマーの人に対してはあくまでも愛情と信頼に満ち溢れている映画なことは確かで、
そんなの深いところを知らない人の幻想かも知れないし、間違ったところもあるんだろうけれど、
それでも、そういったミャンマーの人たちにやたらと既視感を覚えて仕方ないのも、これまた事実なのでした。
結局大切なのはそういうことさ、などとも思いました。

その他、ロンジー姿の女の人は美しく、観光案内さながらのパガン案内もすばらしかった。
エーヤワディー川の流れは恒久です。
ミャンマーを愛したい人にはおすすめできる映画です。

ラストシーンはみえみえのステレオタイプですが、それでもなお胸が熱くなりました。
あぁ、ミャンマー。

行きてー。
[PR]
by fdvegi | 2005-07-04 00:30 | 京都在住 | Comments(4)
Commented by mlsenyou at 2005-07-05 00:21
コメントありがとうございました。
「血の絆」今度探してみようと思います。
ちなみにfdvegiさんもハシケン好きなんですか?私は最近のツアーでハマりました。
Commented by fdvegi at 2005-07-05 12:54 x
昨日は急激にミャンマー熱が高まってしまって、ロンジーで検索をかけたのでした。今は九州なんですか?
最近のツアーというと、「青い月」の?
長年好きだ好きだとは言いながら、ぼくもライブはあれが初めてで、興奮しました。次はバンドの時に行きたいなと思ってます。
Commented by mlsenyou at 2005-07-07 01:20
「青い月」のです。あそこで感動してミニアルバム買っちゃいました。
「美しい島」と「扉」が良いです。
Commented by fdvegi at 2005-07-08 12:39 x
「感謝」というのもよいですよ。
ライブはたぶんこのアルバムからが一番多いんではないでしょうか。
いつかどこぞのライブでたまたま会ったりしたら面白いですね。
<< 週末、実家へ行ってきた。 模様替え >>