それからこっち

c0072352_2393358.png


7月にアイフォンに替えたので、アプリでランニングの計測を始めた。
9月はついに月間目標を達成しそうな感じになっている。
・走行距離100km
・平均速度5分未満/km
・累積標高2500m

これはかなり立派なことだ。
何もこの記録が立派というわけではない。
けど、従来からの週末鴨川ランニングだけでは、せいぜい月間40km、標高はほぼゼロといった結果にしかならなかった。

それを昼休みのランニングで数字を稼いだわけで、それはそもそも特に仕事らしい仕事もしないのにオフィスにいなくてはいけない状況で仕方がないので気を紛らわせるために始めた苦肉の策だった。
昨年の12月くらいから始めたと思う。

それからこっち10か月、シンポ開催、プログレスレポート、部署替え、サイトビジットと、自分の仕事を自分でしてきたつもりだし、その間にだいぶもまれてきた感もある。

部署内とはいえポジションも移り、そのどちらでも選択的ではあるけれど自分にしてはいい人間関係を築けていると思う。

なによりも、途中で大きな中断もなく毎日淡々と走ってきたというのが、自分的には驚異的な地道さと粘り強さに思えて仕方がない。

そんな中で迎えた今月の記録達成は、なんというか、単にランニングの到達というだけでは済まない、改善とか成長とかそういう事の明確な指標のように感じられるのだ。
大げさだけど、嬉しい。

そして、この100kmを無事に達成できた暁には、次はトレイルランに挑戦しようと思っている。
山中を走る。
ちょっとオリエンに近づく。戻る。
満足いく達成をできなかった頃を取り戻しに行く。

何より、狸谷山の向こうにあるでっかい魅惑のブラックボックスについに着実に挑む。
そこへ至ったような、震えるような陶酔感を味わいたいと思う。
[PR]
by fdvegi | 2013-09-26 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< その平熱 まるで新入社員のような >>