祈りと祝福

午前3時に目を覚まし、午前4時に病院に到着。
タクシーの中で破水を起こし、そのまま分娩室に入って、午前6時22分、娘は生まれた。
産声が待合のソファでにまで響く。

東西に据えられた分娩台で、彼女は東に向かって生まれてきた。
朝日は空を白く明るくし、輝く快晴を予感させていた。

東子。
祈りと祝福。
あらゆる名前に共通する思い。
[PR]
by fdvegi | 2013-04-26 00:30 | 京都在住 | Comments(4)
Commented by きゅー at 2013-04-28 06:44 x
すごいスムーズな安産!おめでとう!
Commented by fdvegi at 2013-04-28 22:44 x
なるほど。こちらをご覧でしたか。
妻は本人史上最大最高にほめられまくってました。
きゅーさんにも幸あれ。
Commented by ゆうき at 2013-04-30 13:26 x
おめでとう!おめでとう!おめでとうございます!
朝日とともに出産、あこがれます。
Commented by fdvegi at 2013-04-30 22:40 x
ありがとうございます。
あれやこれや考えていた名前も、一発で覆されました。ライブにはかないませんね。
<< 育て 音楽覚書 >>