あてにすな

気になる夢を見たので早速ネットで検索してみたら、

空を自力で飛んでいる夢は、気分がいいときに見やすい夢です。とくに、スイスイ泳ぐように飛んだり、速度や方向を自分でコントロールできるような飛び方をしているときは、気力.体力ともに充実していて、現実の世界でも、困難や障害を乗り越えて、自分らしく行動できることを暗示しています。

という、極めて胡散臭い解説が出てきた。

自力というか、馬券を買うときのマークシートみたいのを手のひらに持って、それを地面に向けると、ふぅっと体が浮いて、あとはバランスの問題で好きなようにコントロールできる、そういう夢だった。

・ノーベル賞受賞者と雑談していて「スウェーデンに行ったことはありまか?」と尋ねてしまい、やけにウケた。(立派な人ほど懐が深い)
・その秘書と話してて「恋人?いたのかな」と迅速に応答した自分が素だった。
・土曜日に払わなきゃいけない金がなくて、誰に借りればいいのか金策思案に明け暮れた。
・往復3時間、関空で人を待つこと4時間、ホテルへ送って11時、家に帰って12時過ぎ。
・のべ10時間、職場を離れている間に仕事が溜まりに溜まってクラクラした。

あてにならんもんですな。
[PR]
by fdvegi | 2005-05-13 00:30 | 京都在住 | Comments(2)
Commented by serow225 at 2005-05-13 21:37 x
あてごと(あてにしていること)とふんどしは前から外れる
と言うそうです。
母談。
Commented by fdvegi at 2005-05-14 20:11 x
それは初耳でした。
母親というのは、驚くほど色んなこと知らないかと思ったら、
わけのわからんことをたくさん知っていたりもして、謎ですね。
<< Endangered Species 青春一日 >>