眠気にまかせる

3月から4月先週までの教訓から、始業時間を7時に変えることにした。
自分で勝手にやってるだけだけど、夜遅いのだけはほんといただけない。

以来、晩の10時には確実に家にいるようにでき、家にいる時間の大半はウトウトしているものだから、余分なことをしなくて今のところとてもいい。
夜の自分は嫌だ。

そんな事を言ってると、市役所勤めをしている友人が行方不明になってしまった。
家族にも職場にも無断で、もう何日も行方がわからない。
携帯電話も家に置いてある。
仕事のことでだいぶ悩んでいたらしい。

俺の分まで持ってったんかな。

恐らく同時期に、かなりギリギリの状態になっていたぼくは、ふとそんな風に考え、帰ってこーい、と内心で叫ぶ。

叫んでいるうちに眠る。

夜と携帯。朝と友だち。
[PR]
by fdvegi | 2005-04-20 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< 愉快な彼 人に恵まれる >>