ヨーロッパ

オランダ人と話す機会がありまして、全然そうとは気づかず、
ところで出身どこ?と尋ねて、答えを聞いてはじめてわかった次第です。
言葉にクセがないんだな。
なさすぎるくらいにない。

で、
えぇー!オランダ人?オランダ語?喉の音むずかしいよね。
デンマーク語にも似た音があるんだけど、絶対に発音できなかったよ。
いやー。すげーすげー。

と子どもじみたせがみ方をしていたら、仕方ねぇなぁ、という感じで
schoolという単語をオランダ語読みで聞かせてくれました。
同じつづりの単語がオランダ語にもあるんですって。

「school」 ←音が書き表せません。

その一瞬、ヨーロッパだった。
何かが、それ以上もそれ以下もなく、ヨーロッパ。
初めて聞いたし何がって言えないんですが、本当に、完ぺきに、ヨーロッパだった。
感動した。

「sounds European!!」

だいたいみんなきれいだって言うんだけど、きれいじゃないんだよね。
ヨーロピアンていうのは、なるほど、うまいこと言うね。

きっと、オランダ語わかんないけど何か言って、とかいう無茶ぶりを
これまでに幾千回となく繰り返し、そしてその度に、うわーきれい、
とかって、おざなりの感想を聞かされてきたんでしょう。
想像すると泣ける話です。

あーもう、本当にヨーロッパだった。
距離よりも遠くにあった時間の向こう側。
自分でもわけがわからないほど胸が熱くなって、テンションが上がってしまいました。
[PR]
by fdvegi | 2010-06-03 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< ゆらゆらと 復活譚 >>