四方八方

九州へ行ってきましたよ。
史上初、博多。
中洲の屋台って本当にあるんですね。
なんか思い描いてたより俗っぽくてげんなりでしたが、ラーメンはうまかったです。

いろんな分野の大学の先生がわかりやすい言葉で講演をするシンポジウム。
それぞれの話がとても面白く、行ってよかったと思います。

けど、パネルディスカッションはなんだか、本当にいいんでしょうかね、ああいうので。
専門じゃないんで、、何とも言えないんですが、、自分の立場から用意してきたので、、
のオンパレード。
会話に、ディスカッションに、ほとんどなってなくないでしょうか。。。

そいういうことで「科学」や「研究」への理解って得られるのかなぁ。本当に。
そこにいる人たち、聴衆の人たちの税金で自分たちの研究が成立している、
そういうフシがなくもないことは、、、どうなのかしらねぇ。
ていうか、分野間の対話の成り立たない世界ってどうなんだろう。

茶化した笑いにしたり、私が出る幕では、、でかわしていた新聞社の人、
あの人と大差がないと思われても仕方ないんじゃなかろうか。
存在意義のない人、と思わるようになっても知らないよ。
[PR]
by fdvegi | 2010-03-14 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< 足るを知る 予防接種 >>