白日、親密、黄昏

じゃっかん引越し意欲が高まっております。

マンションのエレベーターにモニターが設置されたんです。
これまでもエレベーター室内にはカメラがあって、一定の防犯対策を担っていたとは思うんですが、今回そこに、リアルタイムで映像を映し出す機能が加えられたわけです。
画面は1階の乗り口のところにでかでかと掲げられ、らんらんと光を放っています。

商業施設やオフィスビルならいざ知らず、居住用マンションのエレベーターにモニターを置く意味ってあるんでしょうか。
慎重に慎重を期した防犯対策というのは存在するとは思いますが、マンション内での犯罪件数というのは示されていませんし、犯罪発生という噂を耳にしたこともありません。

第一、普段から出入りの少ない建物ですから、エレベーターで誰かと乗り合わせる機会が多くありません。さらに、エレベーターを待つ機会というのも昔住んでいたマンションに比べて各段に少ないです。2機のうち大抵どちらかは1階で待機しているからです。

となると、誰かがエレベーター内で事件等に巻き込まれ、ちょうどその時、1階で2機のエレベーターを待っている人がいる。
という事態の発生確率ってどのくらいになるんでしょうか。
事件を起こす方も人の出入りの少ない時を狙うでしょうしね。

それに見つけたからってどうすればいいんだろう。
管理人さんに言うんでしょうか。
だったら管理人さんだけが見てればいいし、管理人さんがいない時間帯ならますますどうすればいいんでしょう。
どこかの警備会社の連絡先が示されているわけでもないし。

本来の用途がどうあれ大きな鏡があればついつい自分の姿を映して見てしまうものですが、衆人監視のもとだと思うとそんな気にもなれません。
妻と二人で乗っていてもあえて話もしなくなってしまいそうです。
居住地域であって、商業施設やオフィスビルではないんです。
オフィスのエレベーターにモニターがあったとしても同僚とはぺらぺら喋るでしょうし、デパートのエレベーターなら妻とも普通に喋るでしょう。
そういうものでしょう。

私的空間の隣にある公共スペースと、公共スペースの中で単に区切られているだけの公共スペースでは、明らかに意味が違うんじゃないだろうか。
そういうことに無意識なままに決定が下されてしまう場所ってどうなんだろう。
理事会やら何やらでの議論だって公開されてないし。

何を怒ってんだよ、お前。
今時エレベーターのモニターなんて当たり前だろ、とは思います。
今やカメラやモニターなんてそこらじゅうにあるんだし。
マンションとマンションの間の見晴らしの悪い公園はどうなんだ、という話もあるし。

だけど、この抵抗感を失うことは健全ではないと思うんだよね。
[PR]
by fdvegi | 2009-10-28 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< 休みの日 球体の憂鬱 >>