ほめそやす

職場の後輩君と赤垣屋へ行ってきました。
過去に何度か行ったことがあるとはいえ、
最後に行ったのはポッパさんとの席ではなかったか。
随分と昔です。
あの時もおでんを食べたな。

お店は今も変わらずすがすがしい接客で、
極道の世界で自分よりもずっと年季の入った人が部下になってくれたような、
ピリッとした自律と安心感に包まれます。

隣のおじさんに「よく来るんですか?」と問われて、
「いえいえ、久しぶりなんです」と答えたところ、
当のおじさんは30年振りだそうです。
その頃はまだ先代がやっていたそうで、
だけど雰囲気もおいしさも全く変わっていないって。
やたらと感慨深そうでした。

「胸が熱いんじゃないですか」と言ったら、
言葉にならないくらいの満面の笑みで首肯されました。
そういう場面に立ち会うこと。
それは一つの得がたい幸運だと思います。

ここのところ深刻な金欠で外食することが少ない上、
しっかと酒を飲む人と飲むのは本当に久しぶりだったので
楽しかったです。
懇意の職場の人間というのは、飲み仲間として上々ですよね。

ところで、最近ちょいちょい持ち物をほめられて嬉しいです。
昨日はそのおじさんに腕時計をほめられ、
先日はたつみで靴をほめてくれる人がいました。
みんなぼくをもっとほめてください。
[PR]
by fdvegi | 2009-09-09 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< 生い立ちとか知らないけど その一言に >>