人たちに会いに

週末、東京の友人と酒を飲んだ。
同世代の男友だちと胸襟を開いて話をするのは楽しい。
仕事の話や女の人の話や自分の能力に対する見解や色々。

職種は同系統でも、職場も水準も違うものだから、
何となく雰囲気はわかるけど、何かに躊躇したり卑下したり、
そういうことをする必要もない。
だから尚いっそういい。

一緒にアメリカに行ってた人が、またアメリカへ行くことになった。
おぉー。と、ぼくはうなった。
何にうなったんだかよくわからなかったが、とにかく心底から何かが出た。

共通の友人を誘って飯でも、という話は前からうっすらとしていて、
そうだね、そうだね、とは言いながら、
その実、何を話していいのか全然わからんので流していたのだけど、
いまや俄然、床でも予約するか、という気持ちになっている。

現金なもんだ、と我ながら思う。
自分が何を話せばいいのかは、依然として、何もわかっていないのに。
[PR]
by fdvegi | 2009-06-22 00:30 | 京都在住 | Comments(2)
Commented by Hayashi tomohik at 2009-06-23 21:35 x
Let's shout.

We are alive now.
Therefore,……I do not move.

Commented by fdvegi at 2009-06-24 23:13
お、はやちゃん。ようこそこちらへ。
生きているから動かない、とは、また深遠な逆説やね。
転々転々としてなんぼって気が、ぼくはしますが。
また7月に、くわしく聞かせてもらおうじゃないか。
<< かえるやかえる 街にふむき >>