故郷を見よ

クール宅急便で届いたジンギスカンを早速焼いて、ご飯とビールをもりもりいただきました。
でも実はマトンが好きさ。ラムよりも。においがね。

昨日、思い立って高槻市柳川町周辺と総持寺団地に行ってきました。
冬枯れの銀杏並木とプレイグラウンドが幾度となく頭の中をよぎっていたんです。
テプコ(?旧オアシス)から柳川小学校の方へ向かう、総持寺団地のメインストリート。
浦沢直樹が描く東欧の街路ような冬の姿がなぜか懐かしくて仕方なくてね。

今はUR賃貸住宅っていうんですね。
あの奇跡的なポスターは団地の宣伝だったのか。
ひっそりしてるっていうのか、単なる感傷なのか。
こういうとこで遊んでました。
友だちだいたいここにいました。

ところで、トップセンターって思えば公設市場みたいな場所でした。
公設じゃなかったけど。超小規模な商店が寄り集って、混み合ってました。
昭和が凝固してるような場所だったな。
誰か知ってる人いませんかね。今はトップ・ワールドっていうスーパーになってますよ。

トップセンター近くのたこ焼き屋がまだやってました。
昔っからおばあさんみたいなおばちゃんがやってたけど、本当にばあさんになってました。
こないだ遂に原料高騰でお好み焼きをやめたそうな。
かれこれもう25年営業してんだって。

そういえば俺、30年生きてんだね。
[PR]
by fdvegi | 2009-02-01 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< うねりやたぎり 雪よりも愛をこめて >>