新規開拓

今日、職場に外国人が大挙してやってきました。
いろいろと目を開かれる思がしたので、それを書こうと思ったんですが、
うまくまとまらないのでまた今度。
これはちゃんと言葉にしておきたい。

ところで昨日のお話を。

寿司を食おうとすし屋に行ってきたのです。
琴音寿司っていうところ。
カウンターで握ってもらうのが嬉しかったな。
順番に目の高さの板の上に(←この板の名前って何?)置いて行ってくれるんですが、
最後に一口サイズの巻物を何個か、片手で上から優しく鷲づかみする感じで持って
まとめて置いてくれるその仕草が、ぼくは好きなのです。

その後、てしまっていう小料理屋へ。
あじろっこんの無菌的スマートさにはない、
ディープディープ京都を存分に楽しませていただきました。
肺胞一つ一つに染みいる感じ。
そういうところって、空気が間隔としてではなくて触媒として在る感じなんだよね。
しかも、料理はひとつひとつやたらとおいしいんだぜ。

最後はマスターとお客さん全員でワインで乾杯までしてくれて、←もちろんおごりさ
ほんとにいい誕生日になりました。
ありがとう。
[PR]
by fdvegi | 2008-12-04 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< 俺のみが酒飲み 我が家にポットがやって来た >>