続・二次会 ~ 逡巡を表明するという儀式

エントランスがごみごみしている。
エレベーターが狭くて小汚い。
ソファの低さが何となくうらぶれた感じ。

などの理由で、和尚が紹介してくれたバーは結局お断りしたのです。
で、毎週毎週金曜晩にそこらのレストランに偵察に行ってはいるものの、
これといってめぼしい場所が発見できなかったり、
素敵だけど何ヶ月も前から予約で埋まっていたりと、
本番まで2カ月を切っておきながら未だに会場すら決まっておりません。
いよいよ進退極まってきた(?)ので、こうなりゃもう近所で手を打とうかと
昨夜の帰りに通りかかったLIVING:Bar Karasumaを検討し始めております。

ただし、この手のお店のパーティーメニューに対して「おいしくないに決まっている」という
ほとんどいわれもない非常に強固な先入観を持っているものですから、
どもうにもこうにも足踏みしているところです。
パンフの料理内容を見ると、サーモンとホタテのカルパッチョ、和牛のたたき、
大根シャキシャキサラダ、旬の一品、海老のマヨネーズ和え、地鶏の唐揚げおろしポン酢、
和牛サイコロステーキ、ごはん、デザート
とありまして、なんという大味感。
・・・なんだかなぁ、という印象が。。

迷うねぇ。困ったねぇ。
[PR]
by fdvegi | 2008-11-22 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< 続々・二次会 ~ これも縁だよ... それは特別で絶対の感情なのだ >>