働いてるぞ、というアピール

なかなかタフな一週間でした。
前々から地道に準備をしてはいたんですが、
就業時間の3分の1くらいは研究室にいて、
残りは天の声に怒られたり、抗ったりして費やしました。

まぁ、結果はだいたい合格ということで。

ビーチボールから一気に空気を抜くみたいに、
ブフーーーーーッと全部吐き出して、
ちっちゃくもみくちゃに畳まれたまま、
しばし呆然としたい感じです。

といって、本当に呆然としてひどい目に遭う、
というのがこれまでのセオリーなので、
今回は頑張って次なる準備をしておきました。
こういうことを実践してしまうと、
物事というのは本当に終わりがなくなりますね。

それでいいんだか、悪いんだか。
ぶふー。
[PR]
by fdvegi | 2008-11-14 00:30 | 京都在住 | Comments(0)
<< 来る日も来る日も 7月以降に読んでみた >>